スカッシュの紹介

醍醐味

スカッシュの本当の楽しみ、醍醐味は、 コースをさほど気にせず、 思いっきりボールを叩くことが出来ることです。

ボールの速さ、壁に当たったときの音が最高に、 そして、相手がそのボールを打つことが出来なくて、 ポイントになったときが、個人的ですが、 快感!を感じてしまいます。 ストレスが溜まっているからなんでしょうか。

スカッシュが好きになった理由の一番はコレです。

テニスで同じように打ったら、ほとんどコースアウトです。 音もそんなにしないし、感動が少したらない感じです。

打つときは、相手のいない壁に沿って飛ぶように打ちます。 相手を背にして打てば、相手に当たることはないでしょう。

回転をつけて打てば、前面の壁に当たった後、 下に落ちて、転がるようにして戻ってきます。 難易度の高いショットです。

後ろの壁に当てて、前面の壁に、 横の壁と後ろの壁を使って、 2面または、3面に当てて前面の壁に ボールを当てることも出来ます。 多少、強打しないと届かないときもあります。

技術的な面で言えば、 壁と床の間のニックという角の部分を ねらって打つと、ボールがはねずに、 転がって、相手が打つことが出来なくなります。

壁近くにボールを落とすと、 ラケットが壁に当たって、 ボールでなく壁のみを 強打することになります。

後方の壁と側壁の角を狙うと、 相手が、ラケットを振れず、 打てなくなります。

ゲーム展開でのおもしろさは、 中央でプレイできれば、 ほとんど一歩で、ボールを 打つことが出来るので、 いかにして、中央の位置を確保して、 相手を対角に、角から角に走らせるかが ポイントになります。

相手が向かっている反対方向の壁に、 ボールが落ちるように打ち返します。

自分の意のままに相手を動かせるようになれば、 それが、一番です。

TOPに戻る
イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ